経営学を学んでいる暇がない医師が開業医になるヒント

柔道整復師としての独立

施術

面倒な保険請求を簡単に

柔道整復師の資格を取得して働き始める場合は、多くの方は病院やクリニックなどの医療施設に勤めることになるでしょう。しかし、柔道整復師には開業できるというメリットがありますので、しばらくしたら独立を考えている方もいるはずです。確かに、苦労して取得した国家資格なので、最大限に利用しなければ勿体ないといえます。しかし、自身の手技に自信があったとしても、接骨院を運営するのは難しいため、開業に踏み切れない状況もあるでしょう。それならば、運営のサポートをしてくれる接骨師会という団体に加入することをお勧めします。それは、接骨師会は柔道整復師として独立する上で、一番面倒な保険請求のサポートを行なってくれるため、かなりの負担を減らせるからです。そして、保険を請求するための書式を教えてくれる接骨師会もありますので、国とのやりとり方法もバッチリと理解できるでしょう。そして、接骨師会では手技の講習会が開かれていて、そちらに参加すれば、柔道整復師としてスキルアップも目指せます。新しい技術を身につけなければ、他のところにお客を取られてしまう可能性もありますので、接骨師会の力を借りて時代にあわせた手技を学びましょう。なお、接骨師会は一つだけではなく、全国に数多くの団体が存在しているため、自身で加入するところを選定できます。保険請求にかかる手数料や講習会の頻度などが違うので、それらを調べた上で、自身にあった接骨師会を頼りすることが重要です。